ブログって無料じゃダメなの?初心者の疑問にお答えします!

悩む人「ブログを始めたいけど、ブログのサービスって沢山あるから何を選べばいいのかわからないなあ。無料でできるのかなあ」

初心者ブロガーのサカイヒロタカ(@oitasuina)です。

これまで無料ブログしか解説したことがなかった僕が、ついにWordPressでブログを開設しました。

無料ブログと有料ブログは何が違うの?と疑問に思う方へ向けて、違いを説明させていただきます。

■この記事を読むメリット

・無料ブログと有料ブログの違いがわかる

・自分はどっちを選べばいいかわかる

■目次

1 ブログサービスにはどんなものがある?

1-1 有名なブログサービス

1-2 無料ブログのメリット

1-3 無料ブログのデメリット

1-4 無料ブログを始めるのに向いている人

2 有料ブログで実際にかかる費用

2-1 サーバー代金とドメイン費用

2-2 WordPressの有料テーマ代

2-3 WordPressの拡張サービス代

2-4 ブログサービスに有用な各種サービス代

2-5 有料ブログを始めるのに向いている人

1 ブログサービスにはどんなものがある?

ブログサービス、たくさんあって迷いますよね。さらにいえば、今ではTwitterやInstagram、Facebookなどもありますから、伝達手段は選び放題の時代です。ではどうやって選べばいいか、見ていきましょう。

まず、ブログと他のSNSサービスの違いですが、一言でいうと「自己資産(自分の知識や経験の記録)となりやすいかどうか」が違います。もちろんTwitterでもInstagramでも自分の発信した記録は残りますが、自分の発言はタイムラインにどんどん埋れていってしまいます。そのため、基本的に個人のページであるブログのほうが圧倒的に見返して読みやすいんです。ブログはあくまで自分のスペースですから、他の方とのやり取りこそ希薄ですが、自己資産としての価値は高くなります。

つまり、自分の発言や記録を残したい人にはブログが向いているということですね。

1-1 有名なブログサービス

では、代表的なブログサービスは何があるでしょうか。ざっと挙げると以下のサービスがあります。

●有名な無料ブログ

・Amebaブログ

・はてなブログ

・ライブドアブログ

・FC2ブログ

・Seesaaブログ

Amebaブログは芸能人ブログで有名ですね。はてなブログは社会派ブロガーの「ちきりん」さんも利用している、初心者でも使いやすいブログです。他にもライブドアブログ、FC2ブログ、Seesaaブログなどがあります。

1-2 無料ブログのメリット

上記のブログサービスはデザインのテンプレートが豊富に用意されていますので、気軽に始めることができます。他にも、自分のブログデータを保存する「サーバー」、自分のインターネット上の住所となる「ドメイン」もサービスを提供する企業側で用意してくれています。ご自身で用意するのはメールアドレスくらいなものなので、フリーメールのアカウントをひとつ作ればすぐにでもブログが作れますよ。

1-3 無料ブログのデメリット

それなら無料ブログでいいのでは?と思ってしまいますよね。ですが、企業が用意したサービスなので、手軽に始められる反面、ブログの所有者はあくまで企業側になります。

そのため企業側のルールによる締め付けでアフィリエイト収入を得づらかったり、企業側の規約を破るような内容を書いていると、ある日突然自分のブログが表示されなくなる可能性があるんです。

他にも、全ての機能を開放するためには結局月額料金が必要に使い方になり、無料では済まないことも。

1-4 無料ブログを始めるのに向いている人

上記の点から、無料ブログをおすすめするのはアフィリエイト収入よりも日記を書きたい人、自己表現をしたい人ですかね。知人に向けて発信したり、自分の趣味に関する内容を伝えたい人にも合っているサービスといえそうです。

2 有料ブログで実際にかかる費用

2-1 サーバー代金とドメイン費用

じゃあ有料でブログを始めるしかないのか……と思ったあなた。有料ブログといえばWordPressなのですが、実はWordPressの登録は無料でもできるんです。では何でWordPressが有料ブログに分類されるのでしょうか。

例えば、もしあなたのブログが多くの人が見る人気ブログになった場合。アクセスが殺到してサーバーに負荷がかかり過ぎると、正常に表示できなくなる可能性があります。そうなるのを防ぐため、レンタルサーバー会社に自分のブログのデータをお金をかけてでも預かってもらったほうが安心なのです。費用はサーバー会社によりますが、だいたい月に数百円程度。初期費用がかかる場合、最初は5〜6千円くらいみておくほうが良いでしょう。

●有名なレンタルサーバー会社

・エックスサーバー

・conoha WING

・ロリポップ

また、ブログサービス会社を利用しないとなると、ドメイン会社から自分の独自ドメインを取得することも必要。ブログサービスとWordPressの違いはよくマンションと一戸建ての関係で例えられますが、大家さんにいろいろ言われるマンションよりも自分の城を構えたほうが安心できますよね。まさにそんなイメージです。ドメイン費用は「.com」や「.net」など、取得したいドメインによって0円から数百円の幅があります。一般的に「.com」など覚えやすいドメインの値段は高い傾向にありますが、サーバー会社のキャンペーンなどで無料で取得できることもあります。

●有名なドメイン会社

・お名前.com

・ムームードメイン

・エックスドメイン

2-2 WordPressの有料テーマ代

WordPressのテーマとは、簡単にいうとデザインテンプレートのようなものです。細かくいえば検索した時に自分の記事が上位に表示されるような機能、ブログを書く時に楽になる機能などいろいろと実装されており、無料でも沢山あります。

2-3 WordPressの拡張サービス代

実はWordPressでもドメインを取得できたり、その他にもプレミアム機能があったりと、WordPressでも月額費用を払うことで使えるようになる拡張サービスが存在します。しかし特に利用しなくてもブログは運営できるので、めぼしい機能がなければこちらは利用しなくても良いでしょう。

2-4 ブログサービスに有用な各種サービス代

他にも、ブログで使用する画像を販売しているサイトや、自分の似顔絵キャラをデザイナーに作ってもらう費用、ブログでアクセスを増やして収益化するための本や情報商材などもあります。ただしこれらは必ずしも必要なものではなく、画像も無料使用OKのサイトを見つけたり、顔出しをしたりなどいろいろやり方はあります。自分の収益の状況とも相談しながら、徐々に増やしても良いでしょう。

2-5 有料ブログを始めるのに向いている人

WordPressを利用するのに向いているのは、やはりアフィリエイトやアドセンス(広告)収入を得ていきたい人でしょう。後はブログサービスの規制に縛られるのを嫌う人も向いています。とはいえ、その場合もサーバー会社の規約やモラルに沿わない記載は謹みましょう。また、企業や自社サービスの範囲でブログを書く場合は、WordPressのほうが良いでしょう。

■まとめ

●無料ブログを使うのに向いている人

・ネット上で日記をつけたい人

・知人へ向けて発信したい人

・趣味の情報を伝えたい人

・自分の勉強の忘備録として活用したい人

●WordPressを使うのに向いている人

・アフィリエイト収入や広告収入を得ていきたい人

・企業の制限を受けずに自由に書きたい人

・自社商品やサービスのPRをしたい人

上記を比べて自分はどちらが合っているか判断してみてください。アフィリエイト収入や広告収入で稼ぐのは結構大変と聞きますので、趣味でやりたいか、ビジネスとして本格的にやりたいかという自分の気持ちも重要な判断材料です。あなたにあったサービスに出会えることでブログを続けやすくなりますので、じっくりと判断してくださいね。